βグルカンが必要な理由

アジアでは昔からβグルカン(ベータグルカン)を意識せずとも毎日食べていた。 アジアの特色である醗酵食が伝統食の中で見事な進化を遂げ、日々の食事に供されてきたからだ。

発酵食品は非常に少ない量ではあるが通常の食事として毎日食べるだけで微量のβグルカンを体内へ取り込むことができていたのだ。発酵食品に含まれる各種酵母には非常に少ないがβグルカンが含まれていて、極微量でも、毎日毎食食べることは、免疫力の維持活性に寄与してきたのだ。これが伝統食が「がん」になり難い理由だった。

しかし、アジアでも生活の西洋化が進んだことで、発酵食品を食べる機会は少なくなった。これによって、無意識に得られていたβグルカン摂取の機会が減少してしまった。これは現代人の免疫力が低下してしまった原因の一つと指摘されている。

がんや糖尿、高血圧が発病する前から、発酵食品、具体的には味噌汁、納豆、漬物などの伝統食を食生活の中心にすることは、極めて有効ながん予防対策として機能する。

βグルカンによる免疫力の強化維持効果だけでなく、食物繊維の多い伝統食は大腸がんリスク低減にも大変に有効であることが判っている。

このように免疫力の維持・活性化は食生活が原点になっている。つまり、がんの発病、抑制、転移予防、再発防止も食生活に深く関わっているのだ。がんを発病した後からでも、なるべく発酵食品を食べるよう心掛けることは、実践すべき対策に間違いない。

通常の食事では十分にとれない栄養素に関してのみサプリメント・健康食品を活用する臨機応変さが大切だ。

βグルカン サプリメントはその典型例だろう。









LINKS