βグルカンと不純物の弊害

前時代にはキノコを煎じたり、熱湯抽出=お茶で食するのが健康食品であり、いまだにハナビラタケやメシマコブのようなキノコ原料品は同様の食し方が推奨されている。しかし、近代の高純度なβグルカン サプリメント・健康食品であれば、パン酵母の体内細胞壁のβグルカンが高純度に製品化されているため、製品そのままを食するだけで効率的かつ効果的にβグルカン(ベータグルカン)が食べられるようになった。

不純物が十分に除去されたβグルカン サプリメント・健康食品であれば、他の成分のサプリメント・健康食品と組み合わせても、副作用や相互作用は無いため、安心して食することができる。βグルカンの物質としての性質は、酸・アルカリにも強く、他の薬品との化学反応も心配が要らない程に安定的だ。したがって、βグルカンと並行利用されることの多い抗がん剤だけでなく、糖尿病や高血圧、肝炎などの治療薬とも併用が可能なのだ。

70年以上のβグルカン(ベータグルカン)の臨床実績は極めて優良であり、医薬物も漢方薬等の医薬品と一緒に摂取した時の副作用や不具合は事例が皆無だ。むしろ、抗がん剤副作用を低減できる効果が報告されていることが興味深い。

その他、β1,3Dグルカンには、抗生物質とコレステロール低下薬の効果をも向上させるとの論文報告もある。

パン酵母由来のβグルカンの安全性は、米国の食品医薬品局(FDA)が、GRASS(「全体的に安全性が認められる」と言う意味)の評価を与えた。つまり、通常の食品と同等の安全性が公認されたのだった。

βグルカン(ベータグルカン)には免疫システムを活性化する効果が認知されているが、それには副作用が全く無い安全性が検証されていることが貴重な免疫刺激剤として重用される理由なのだ。









LINKS